サブカルクソブログ

書くことなくなったんや。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!! 宮城公演に行ってきた(前編)

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」通称「デレ5thツアー」宮城公演に参加した。前回の4thLIVE神戸公演で、目の前で全国ツアーの開催が発表された興奮から8ヶ月、高校生から大学生となって再びシンデレラガールズのライブに、それもツアー初日の公演に参加できたという感動が未だ治らない。興奮冷めやらぬままにライブの様子を書いていくことにする。ちなみに前回のライブの様子については当該記事(http://kurara-no-essay.hatenablog.com/entry/2016/09/05/dere4th-kobe1 , http://kurara-no-essay.hatenablog.com/entry/2016/09/05/dere4th-kobe2)を参照されたい。

 

①申し込み

 

前回同様CDを買ったわけである。友人T(4th記事参照)と共同で応募したわけであるが、応募時期は高3の2月。バリバリの受験期である。受験直前に狂ったように同じCDを何枚も購入し、親に金の使い方について軽めの説教を受けるオタクになってしまった。

しかも、このツアーの最初3会場についての抽選のその当落発表日がなんと国公立大学前期試験の1日目。自分の場合は1日目の国語と数学の間の休み時間だった。結果、宮城1日目、石川両日、大阪1日目に当選。15枚×3口×2人の応募にしてはまずまずなのであるが、無謀にも全日参加を目指していたため2回分足りんやんけ!とTにプレッシャーをかけてしまう。これが響いたのか、後日Tは第一志望に落ち、浪人してしまった。ごめん。マジでごめん。マジで。

 

②準備

 

その後Tとも話し合った結果、さすがに全日参加は無謀だということになり、「各会場1日以上参加」という形に目標を変更。今回は1枚多く取れたということになる。よかったよかった。

しかし現実は非情なもので、このあたりで前期試験の合格発表があり、Tの浪人が確定してしまう。少なくとも宮城はいけないとのこと。顔面蒼白。

そのまま新学期だ〜入学だ〜忙しい〜なんて言いながら、いけなくなったTの1席をどうしたものか、欠席のままにするのも勿体無いしなぁ...(演者さんのためにも、ライブにおいて空席はなるべく減らした方が良い)と考えていたとき、大学で1人のプロデューサーMに出会う。彼は同じクラスで、クラスのメンバーで顔をあわせる前に発足していたLINEグループでプロフから凄まじい杏フリーク臭を放っており、(これは同志..!)という思いから顔をあわせる前にクラス内で一番早く仲良くなったのだ(しかし実際に会ってみると爽やかサッカー青年で、驚いたのを覚えている)。親交の証(??)に彼と宮城公演に参加することを決意。

「注意事項を読んで適切なサイリウムを買うのよ〜」とか「UO必須よ〜」とか「コール予習しなさいよ〜」とか、自分も2回目参加なのに偉そうに説明しながら当日の旅程を練る。

久々のライブということもあって少し旅行めいたものにしようと思い、ライブ前日は体力温存ということもあって東横イン宿泊、二日目は財布に優しくネカフェ宿泊と決定。土曜にライブに参加し、日曜は温泉に浸かって帰ると決めた。

 

そのまま何事もなくライブ前日を迎える。3限終了後東京駅に直行し、そのまま高速バスで仙台へ。高鳴る気持ちを抑えつつ(抑えきれず仙台で夜11時にまぜそばを食うという暴挙に出たが)就寝。