サブカルクソブログ

書くことなくなったんや。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 4thLIVE TriCastle Story 神戸公演に行ってきた(後編)

③当日~開演前

当日がやってきた。ついにやってきた。物販に並ぶため家を7:30に出る。9月2日に行われていた前日物販で、Tに会場限定CDだけは買っておいてもらったので(他のグッズも頼めばよかったのだが、Tの予算の都合でこうなった。が、結局彼は自分の欲しいグッズはATMで金を下ろしてまでして買った)、グッズの待機列に直行する。スタッフに注文票を渡され8:30頃並び始める。しかし暑い。ただただ暑い。そして一人で並ぶ物販は孤独である。そうこうしているうちに10:00頃、販売が始まる。開始10分ほどで売り切れる「アイドルマスター シンデレラガールズ 春菜のまぁまぁ眼鏡どうぞセット」を筆頭に、恐ろしいペースでグッズが売り切れていく。しかし運よくマシュマロ以外は事前に予定していたグッズをすべて確保。一安心。次回以降はちゃんと前日物販を利用しようと深く反省した。

さて、グッズを手に入れたのでTとアリストンホテル神戸の下で合流、そのままコール本をもらいにいく。この時迂闊にも、コール本を一冊貰い忘れてしまう(その場にいたスタッフらしき人に渡されたもののみで全部だと勘違いしてしまう、後でTwitterでそのことに気づく)。が、その時は気づかないままホテルを出てしまった。すべきことはおおよそ完了したので、いったん三宮に戻ってゲーセンで時間をつぶしてから昼飯に。Redrockでローストビーフ丼を食し、パワーをつける。

いよいよ開演が近づいてきた。スタバに入り、ペンライトの電池交換と色の最終確認及び荷物整理を済ませたら、コンビニで飲み物とのど飴を買って再び会場へ向かう(この時のど飴はふと目について買ったに過ぎないのだが、後ですごく重宝した)。人ごみに交じって会場入り。確かな優越感を感じながらアリーナ席へ。

座席は10列60、61番。山梨へ行っている間に母親が気を利かせて早めにチケットの発券をしてくれていたおかげか、かなり前の方のいい位置の席が割り当てられた。席に荷物を置いて、公式Tシャツに着替えて開演を待つ。前の人に名刺をいただいた(なのにその人をLIVE中後ろからペンライトで2回も殴ってしまった)。すでにペンライトをもって、BGMにコールするPたちに圧倒される。いよいよ、LIVEが始まった。

④LIVE

結論から言うとサイコーだった、それに尽きる。最初は緊張しあまり声が出なかったが、横に座っていた人(たち)がなんというかすさまじくて(限界オタク)、割とすぐ感化されガンガン叫ぶようになっていった。地声と裏声の両方で叫ぶので喉が酷使されて仕方ない。MCのたびにのど飴をなめていた。以下特によかった曲を挙げていきます。

・おねだりShall We~?

猫の気まぐれ加減とみくにゃんのセクシーさが表現された一曲。なつ姉の表現力の高さを改めて感じた。みく曲は本命でガッチリ対策していったので臆することなくコールできた(イントロから「おおぉ~?↑↑↑」って叫んでた)。曲が終わった後は思わず「なつ姉~!」と声が出た。

・毒茸伝説

3rdBDを見てそのステージのカッコよさに惚れ込んでしまった。それが目の前で見られるとは...。とにかくさっつんas輝子の歌唱力に脱帽。カッコよすぎるメタルナンバー。もっと早くにCDを買って聞きこんでおけばと少し後悔した。

・純情Midnight伝説

事前投票によるランキングの上位5人が歌う企画での楽曲。にわかロック少女だったりーなちゃんが堂々の2位を獲得したこと、そして輝子が納得の1位を飾ったという事実そのものがステージよりも印象深い。1位の発表でさっつんが「輝子ちゃんにとってはじめての1位なので...」と泣いてしまったのにはこちらもウルッとさせられた。毒茸も含め、とにかくさっつんがカッコ可愛すぎる...。

・メルヘンデビュー、あんずのうた

この2曲は連続でPたちを殺しに来るのが通例。今年もやっぱり殺しに来た。覚悟はしてたけど、想像の何倍もキツい。でも、キツいコールだからこそ一体感が得られる。しかしこのあとにまさかハイファイが待っているとは...。

・ハイファイ☆デイズ

来ました大本命。このLIVEで最もPたちに期待されていた曲と言ってもいいのでは?イントロメロサビどこを取っても元気いっぱい、パワフルな曲。それにしても前述2曲からのこれはさすがに喉が耐えきれない。

・Snow Wings

卯月がソロで歌うのか、すごい...と思っていたら一番の「おーくれてきたっねー!」で凛と未央がほんとに遅れて登場するとは。こんなの誰が想像できる?「ええー!うおー!!」と声にならない声が出てしまった。感極まって涙が出そうになる。欲を言えば、彼女たちにもソロ曲を歌ってほしかった...。

GOIN'

デレマスはこれからも続いていくよ、と未来へ意識を向けさせてくれる一曲。アンコールがこの後あるとはわかっていても、最後の曲と言われると俄然気合が入る。ただ、もうちょっとコールは事前に詰めておきたかったかな。

・Yes! Party Time!

ここにきてまさかの新曲。デレマスVRソフトのCMではじめ流れて、はっしーが「今から...この曲を...」って言ったときは(さすがに「やりませ~ん」とか「冗談で~す」とかいうんだろうなあ)と思ってたから「お披露目します!」って言ったときは耳を疑ったよね。曲はPassion系統のノリノリな楽曲。ノリノリすぎてUO残ってた6本全部折って両手に持ちながら振りまくった。初見でもコールを合わせてくるPたちはさすがとしか言いようがない。

・おねがいシンデレラ

今年は締めのおねシン。これなしにデレマスは語れない。UOYes! Party Time!で全部消費してしまったのが残念だったけれど、最後の力と声を振り絞ってコールした。なつ姉とゆきんこが抱き合ってたのには感動しかなかった。

 

結論;

優勝。

 

欲を言えばソロの新曲をもっとやってほしかったなあ(ニャンと☆スペクタクルとかNUDIE★とか)。きっとSSAではその辺いっぱいやるんだろうな...うらやましい...。

 

⑤LIVE後

余韻に浸りながら退散。あんまりポートライナーの駅が混雑してたからタクシーで三宮まで出て、ガストでTと晩飯食って帰宅しましたとさ。

 

おしまい。

 

おまけ:次回に向けて(備忘録)

・前日物販でグッズは買いそろえるべき

・フルグラフィックTシャツで出たい

・コールをもっと正確に覚える

・2日目は1日目のセトリである程度何やるかはわかるから、対策せよ

 ・次回も絶対先行抽選で当選する